サラ金の金利とは何かご存じですか?

サラ金の金利とは何かご存じですか?

金融機関でお金を借りる場合に、一番気になるのが「金利」ではないでしょうか。
「できるだけ低金利で借りたい」と誰でも思うでしょう。

 

それにはまず金利の仕組みを十分に理解しておく必要があります。

 

サラ金(消費者金融)の金利とは、いわゆる「手数料の利率」のことです。
お金を借りるのに支払う手数料のことを「利息」といいます。

 

借りたお金に対してどれだけの「利息」が発生するのかを計算する根拠が「金利」です。

 

サラ金の金利には通常「年利」が用いられます。
借りたお金に対して「1年間で何%の利息が発生するのか」を示すものです。

 

金利の表示には、他に月利(1ヶ月に何%」か)、日歩(1日に何%か)などがありますが、現在のサラ金ではほとんど「年利」が用いられます。

 

また法律上では「実質年利」を使用することが義務つけられています。
「実質年利」とは、貸出に対しての全ての費用負担を含めて計算する、という意味です。

 

金融融資には利息以外に様々な費用負担が発生することがあります。
例えば住宅ローンなどでは「保証料」「融資手数料・事務手数料」などの費用を別途支払う必要があります。

 

一方「実質年利」で計算されるサラ金では、これらの費用負担が全て「込み」の計算となっています。
借入を利用する場合に、費用負担が分かりやすいものになっています。

 

ただし提携ATMの利用手数料などは別途負担しなければいけませんので注意しましょう。
また「実質年利」ではなく単に「年利」とだけ表示されている金融業者にも注意が必要です。

 

一見低金利に見えても、何らかの名目で負担を強いられる結果になりかねませんので騙されないようにしましょう。

 

借りたお金に対してどれだけの利息を支払うのか、という計算は次の通りです。

 

  • 利息=借りたお金×実質年利÷365日×借りた日数

 

例えば30万円を実質年利15.0%で30日(1ヶ月)借りた場合の利息は次のようになります。
30万円×15.0%÷365日×30日=3,698円

30万円を借りて翌月一括で返済する場合には、借入元金に合わせて利息3,698円を返済しなければいけないということです。

 

一方サラ金の返済は多くは「分割返済」です。
借りたお金は毎月少しずつ返済していくケースが多いでしょう。

 

例えば上記の例で毎月6万円ずつ元金均等返済で完済を目指すケースを考えてみましょう。

 

  • 1ヶ月目

借入残高は30万円なので、利息は30万円×15.0%÷365日×30日=3,698円。
これに返済元金6万円を合わせて63,698円を返済する。

 

  • 2ヶ月目

借入残高は24万円なので、利息は24万円×15.0%÷365日×30日=2,959円。
これに返済元金6万円を合わせて62,959円を返済する。

 

  • 途中は省略

 

  • 5ヶ月目

借入残高は6万円なので、利息は6万円×15.0%÷365日×30日=740円。
これに返済元金6万円を合わせて60,740円を返済して完済する。

 

このように毎月元金とその時点での残高に応じて計算された利息を合わせて返済していくのが、サラ金の基本的な返済の考え方です。
ただしここでは「毎月元金6万円の元金均等返済」という返済方式に従って計算されたものです。

 

返済方式はサラ金会社や商品により異なっています
その違いにより同じ金利で同じ金額を借りたとしても、毎月の返済金額などは異なってきますので注意しましょう。