サラ金とは何かご存じですか?

サラ金とは何かご存じですか?

サラ金という言葉を聞いたことがある方はたくさんおられるのではないでしょうか。
その言葉には、たいてい「悪いイメージ」がつきまといます。

 

  • 高い金利
  • 強引な勧誘
  • 強圧的な取り立て

 

サラ金を利用すること事態「絶対悪」のイメージを感じるでしょう。

 

サラ金とは、個人向けの小口融資を提供する金融業者のことです。
戦後の復興から日本が立ち直りつつあった1970年第代頃から、個人向け金融業も本格的に開拓されていきました。

 

当初は、利用対象者を「サラリーマンの男性」としていたことから、略して「サラ金」の名称で呼ばれる金融業者が登場してきました。
また市街地に営業店舗を構えていたことから「街金」とも呼ばれていました。

 

この頃は金融業に対する法律の整備や規制が十分とはいえず、利用者に対して高い金利で貸付を行う業者も存在していました。
合わせて過剰融資や過酷な取り立てを行っていたことから、サラ金に冒頭のような悪いイメージが定着してしまったのです。

 

1980年代に入り、金融業界も多様化が進みます。
サラ金の利用者も、一般男性サラリーマンだけでなく、OLなどの女性や自営業者にまで広がっていきました。

 

この頃から「サラ金」に代わって「消費者金融」という名称がつかわれるようになります。

 

業界全体で「サラ金」の悪いイメージの払しょくと、「消費者金融」の普及が図られるようになりました。
法律の整備や規制の強化も図られ、クリーンな貸付というイメージを普及させていきます。

 

バルブ経済に入った頃には、利用者も全体的に増加し、個人金融提供の主要部門まで成長していきます。

 

バブル経済崩壊以後、一時的に「サラ金=消費者金融業界」は低迷期に入ります。
回収不能となった不良債権、返済不能者の自殺などの社会問題が大きく取り上げられるようになりました。

 

また以前続いていた強引な高利貸しなども大きな問題となり、「サラ金問題」に代わって「消費者金融問題」と呼ばれるようになりました。

 

経済の回復とともに、法律の一段の規制が図られていきます。
特に2010年に完全施行した「改正貸金業法」では「グレーゾーン金利の撤廃」「総量規制の導入」など、これまで問題視されていた項目の抜本的改革が図られました

 

現在では「サラ金、改め消費者金融」は利用者としても安心して利用できる金融制度となっています。
「サラ金」と聞くとまだまだ悪いイメージが残っていますが、一方「消費者金融」には親密感を覚える方も多いのではないでしょうか。

 

ゴールデンタイムに放映されるユニークなCM。
有名タレントを起用したポスター。
ネオンがきらめく店舗や無人契約機。

 

日本での消費者金融の利用者は1,300万人以上といわれています。
気軽に借入を利用できる手段として「サラ金=消費者金融」を挙げることができるでしょう。