サラ金の審査時間はどれくらい?

サラ金の利用を考える方の中には、緊急性を要する方も多いのではないでしょうか。
どうしても早急にまとまったお金をかりなければいけない状況では、審査にかかる時間が気になるところです。

 

以前のサラ金では、審査完了まで数日間を必要としていました。

 

「自分ははたして審査に合格できるのだろうか」
「万が一不合格となったらどうしよう」

 

このような不安を抱えながら数日間過ごさなくてはいけないのは、精神的にも辛いものがあります。

 

しかし現在ではこのようなことはありません。
申し込みから審査結果が回答されるまでは、最短で30分程度

 

早ければ1時間もあれば、契約から借入まで完了させることができます。
申し込んだその日に融資可能な「即日融資」を各社売りにしています。

 

現在のサラ金では多様な申し込み方法が確立されています。
中でもインターネットを利用した申し込みでは、審査スピードも格段に向上しています。

 

また借入方法も専用カードを利用する以外に、指定した金融機関の口座に融資金を振り込む扱いに対応しています。
審査に合格すると、早ければ瞬時に振込が完了します。

 

もちろん全てのケースでスピーディーな借入が可能というわけではありません。
特に「即日融資」を希望する場合には、申し込み受付時間帯に注意しましょう。

 

即日融資が可能だからといって、深夜に申し込んでもその日に融資を受けることはできません。
最低でも平日の14時、できれば平日の午前中に全ての手続きを完了させておきましょう。

 

審査時間は、その内容により大きく左右されます。
返済能力その他の属性に問題なければ、すみやかに「合格」と判断することができます。

 

逆に判断に迷うような属性であれば、その分結果を出すのに時間を必要とします。

 

また申し込み内容の不備などがあれば、確認に時間を取られることになります。
急いでいるあまり、申込内容を間違って記入しないように注意しておきましょう。