サラ金に審査落ちしないために

サラ金の審査基準は一般的に公表されません。
自分が合格できるかどうかは、審査を受けてみなければ分かりません。

 

しかしなるべく審査に落ちないように注意することは可能です。
サラ金の審査を受ける場合の注意点について考えてみましょう。

 

自分の状況を正しく把握する。

お金が必要だからといって、自分の状況を振り返らずに審査を受けても合格できるとは限りません。
まずは、現在の自分の状況を正しく把握することからはじめましょう。

 

  • 収入は十分でしょうか?
  • 今後も安定した収入を確保できますか?
  • 勤務先などは問題ありませんか?
  • 過去に金融事故を引き起こしていませんか?
  • 他社の借入は問題ない範囲ですか?

 

審査で判断されるであろう項目について、自分の状況と比較してみましょう。
特段問題が無いと思われる場合には、審査に合格できる可能性も高いといえます。

 

逆に何らかの不安を抱える状況では、まず審査に合格することはできないでしょう。

 

嘘の申し込みはNG

なんとかして審査に合格したい気持ちが強いためでしょうか。
少しでも自分をよく見せたい気持ちからでしょうか。

 

サラ金の申し込みに対して、嘘の内容を申告する方が意外とたくさんおられます。

 

  • 年収を多く記入する
  • 勤続年数を長く申告する
  • 他社の借入を少なく記載する

 

このような嘘はすぐに見破られてしまいます。
仮に確認書類を見るまでもなく、審査担当者は単純な嘘を見抜く能力を備えています。

 

金融のプロを相手に、素人が嘘をついても逆効果でしょう。

 

あなたは嘘をつく方に対して信用してお金を貸すことができるでしょうか。
お金の貸し借りはお互いの信用関係が重要です。

 

態度にも注意

申し込みの際の自身の態度にも注意しておきましょう。
服装などにも気を払い、できるだけ審査担当者に対する印象を良く見せるようにします。

 

言葉使いなどにも注意し、高圧的な態度は控えましょう。

 

審査担当者も人間です。
ましてやお金を貸そうとする人物を評価するのです。

 

少しでも悪影響を与える行為は行わないようにしましょう。

 

サラ金を申し込む段階では、自分の「属性」については急に変えることはまず不可能です。
収入を多くしたり、勤務先を変えることはまずできないでしょう。

 

それでもなるべく審査に合格したいと考えるならば、自身の対応に注意するしかありません
審査に不合格となるリスクを自ら犯すことのないように注意しましょう。