サラ金は主婦でも利用できますか?

サラ金とは「サラリーマン金融」の略語です。
サラ金が日本に普及しはじめた頃、利用対象者を「サラリーマンの男性」としていたことから名づけられました。

 

その後社会情勢の多様化により、サラ金利用者の幅も広がってきています。

 

女性の方でもサラ金を利用したいと考える方は多いのではないでしょうか。
まず単身の女性(未婚の女性)ではサラ金の利用は問題ありません。

 

安定した収入がある方であれば、男性と同様にサラ金でお金を借りることができます
女性だからといって謝絶するサラ金は存在していません。

 

つぎに主婦の場合はどうでしょうか。
主婦の方でも、正社員の他、パートやアルバイトで一定の収入と返済原資を確保できるのであれば、利用には問題ないでしょう。

 

ただし、パートやアルバイトの方は、収入自体がそれほど多くないことが予想されます。
「総量規制」の対象であるサラ金は、年収の3分の1を越える貸出が禁止されています。

 

そのため借りることのできる金額も、それほど多くは臨むことが難しいでしょう。
それでも一時的な出費などには十分な額の借入を利用することも可能です。

 

一方自らの収入を持たない専業主婦の場合には、サラ金会社で対応が分かれています。
多くの会社では専業主婦の利用を認めていません。

 

ただし配偶者(夫)の収入を合算することで借入可能としている先もあります。
後者の場合には配偶者(夫)の同意を得ると同時に、配偶者(夫)を保証人として徴求しています。

 

「主婦仲間で小旅行を楽しみたい」
「生活費の足しに借りたい」
「たまにはおしゃれしてみたい」

 

主婦の方でもサラ金を利用したいと考えるケースは多くあります。
しかし「夫に内緒で借りたい」と考えるのはいかがでしょうか。

 

万が一ばれた場合のことを想像してみましょう。
「一体何に使ったんだ!!」という疑念を持たれ、良好な家族関係にひびを入れてしまうかもしれません。

 

最近では女性専用の「レディースキャッシング」なども登場しています。
スタッフが全て女性ですので、安心して利用することができます。

 

それでもサラ金を利用したいと考えるのであれば、まず家族(とくに夫)の同意と理解を得ておくことをおすすめします。